Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
平成三十一年の始まり

大晦日、元日と
朝からお仕事だったので、

イマイチお正月気分に
浸れていなかったママ。

二日はお休みをもらい、
TVで箱根駅伝を見ながら
リリとゆっくり過ごしました。

IMG_6954b


そんなこんなで、
静かに始まっていた
平成三十一年。

何の変哲もない毎日だけど、
ふつーで平和が一番!と

みかんを食べながら
しみじみ思う年始めです。

IMG_6987b.jpg


今年も願いはただ一つ。
リリが元気に過ごせますように・・




「今年も仲良くちてね
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら



スポンサーサイト
我が家、新年から撃沈

甘~いみかんを食べながら
ふたりで、ほげーっと
平和に過ごした1月2日。

この翌日から、一転。

リリとママ (+ばぁば)、
地獄を味わいました・・・

IMG_20190109_220152b.jpg
    

ママ、謎の感染症で
40度の高熱を出し、

10日間寝込んで、
1月の前半を
棒に振ってしまいました・・・

ばぁばは、めまいで倒れ、
一旦よくなるも、
その後、胃腸が悪くなり
何度も嘔吐して寝込んでしまい・・・

リリはリリで、突然
しゃっくりが止まらなくなり、

水を飲むだけで
激しく咳き込み、
見ているこっちが苦しくなる状態。

でも、ママとばぁばが
こんなあり様なので、

なかなか病院へ
連れていけませんでした・・・

(↓初期のしゃっくり)



チリやほこりまで
拾い食いしてしまうリリ。

喉の奥に何か
引っかかっている可能性もあり、

2回目の内視鏡も
覚悟だったのですが、

本当に本当に幸運なことに、
リリは2日で自然回復。

リリだけでも、
元気になってくれて、

涙が出そうなくらい
うれしかった・・・(うるうる

    *****

そんなわけで、
今日までPCの前にすら
座れずでしたが・・・

ようやく、
元の生活に戻りつつある
我が家です。


(あっ、ちなみに、
本日よりじぃじが
体調不良で寝込み始めました・・・)





「ママ、みんなで厄除け行く?
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら




ママの不健康記録

今日は備忘録に
ここ最近のママの不健康状態を
書き残しておくことにします。

ここ1、2年は
ほとんど風邪などひかず
比較的元気だったママ。

1月2日にお休みをもらい
寒い部屋でちょっと夜更かしして
Huluで海外ドラマ鑑賞。

これが悪夢の始まり。

    *****

1月3日(異変1日目)。
起床時に何となく
のどの違和感を感じながら出勤。

仕事中もやたらとのどが渇き、
胃の動きも悪く、空気が上がってくる。

帰宅後、
のどの奥にヒリヒリ感あり。
少し寒気がするも、まだ元気。

この日の夜から発熱開始。
あれよあれよと38~39度。

頭を動かすだけで
悶絶の頭痛。

全身の関節痛。
手指の関節すべてが痛い。

4日(異変2日目)。
相変わらず朝から
39度台の発熱。

異常な寒気に襲われ
震えが止まらなくなり
手足の感覚がなくなる。

温めても温めても
足先が氷のように冷たい。

あまりにも冷えが辛いので
足湯を試みるも
まったく効果なし。

この頃、のどの痛みは
中咽頭から下咽頭へ降りてくる。

喉頭~声帯のあたりまで
痛みと炎症が広がり、

薬の粒を飲み込むのも
ひと苦労な状態になった。

首側から喉を押したら
めっちゃ痛い。

万が一、「急性喉頭蓋炎」と言って
喉頭蓋が風船のように腫れると、

数時間で窒息死してしまう
可能性もあるため、
自主的に炎症止めを投入。

これが一時的に効き、
のどの炎症がマシになった。
(ような気がした・・・)

(ちなみに、急性喉頭蓋炎は命に係わるので
喉が腫れて、呼吸困難が始まったら、迷わず救急へ)


この夜、無理を押して
お風呂に入るが、

脳の温度センサーが
完全に壊れていたために
死にそうな目に遭う。

普段なら湯加減41度設定で
熱いと感じるママ。

この日は43度まで上げても
まったく温もらず
震えが止まらない。

結局、43度で10分浸かり
お風呂から上がったとたん
猛烈なめまいと吐き気に襲われる。

体は震えているが、
完全にのぼせた・・・。(涙)

ほてりを取るために
体を冷やしたいけど、

最大級の寒気に
もう訳が分からなくなる。

深夜、発熱は40度に達し
フラフラになりながら
体温計の写真を記念に撮ってみた。

IMG_3410b.jpg


心が折れそうになるが、
20代の時に食中毒で、
42度の熱を出したことがあるので、
40度の熱なんて、まだマシなほうと
自分に言い聞かせてみる・・・。

Tシャツが絞れるのではと思うほどの
尋常じゃないくらいの汗をかく。

5日~7日(異変3日目~5日目)。
声がガラガラ。
リリが異常に怖がる。

IMG_7040b.jpg


気道まで炎症を起こして
ヒリヒリ感がすごい。

発熱は相変わらず
39度後半。

痰の色が黄~緑味がかる。
免疫がついてきた様子。

8日(6日目)。
ようやく解熱傾向。
発熱37度にまで鎮火。

9日~10日(7日目~8日目)。
今度は咳と痰が止まらなくなる。

11日(9日目)。
昼頃から急激に胃腸の調子が悪化。
右腹部に刺すような痛み。
吐き気で横になるのもつらい。

栄養を摂りたかったので
晩ご飯をひと口食べてみるが、

モーレツな吐き気。
同時に何度も下痢・・・。

弱り目に祟り目とはこの事か。

あまりにも苦しくて床に倒れていたら、
リリが遊んでるのかと勘違いして、

思いっきりお腹の上に突進。
ママ、その刺激で瀕死・・・。(泣)

この後、
朝まで吐き気との闘い。
これが実は一番つらかった。

ここで食中毒説浮上。
ほぼ同時期に、
ばぁばが嘔吐下痢。

その1日後から
じぃじまで胃腸が悪くなる。

12日(10日目)。
丸一日絶食して吐き気はマシに。

13日(11日目)。
おかゆ生活開始。
ほとんど食欲ない。

14日(12日目)。
もともと小柄だけど、
とうとう体重が40キロを
切ってしまった・・・。
小学生かっ!

恐る恐る通常食開始。
食べた後から再び気分が悪くなる。

いつになったら治るのか・・・。

    *****

もう、新年から
やになっちゃう。

ちなみに、
発熱の原因の病原体は不明。
インフルエンザではないのです。

後半の吐き気・下痢は
ノロウイルス説濃厚。

とある貝を食べた後に
家族全員調子が悪くなったのですが
真偽のほどは不明・・・。
(もちろん加熱調理済みなのに・・・)

何はともあれ、
今回の教訓。

冷えと寝不足は本当に万病のもと。

寒い部屋で夜更かしして
免疫力が弱ったところに、

何らかのウイルスに
感染しちゃったんだなー。

短期間に2つの
感染症にかかるという・・・

今年の幕開けは
なかなか強烈なものでした。





「これに懲りて夜更かしはやめるのでちゅ!」
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

ずっとお散歩に連れて行ってやれず、
リリにも相当な我慢を強いちゃったねぇ・・・

過去記事一覧はこちら



尊敬する職業

リリが体調を崩して
動物病院にお世話になって、

改めて、獣医さんって
大変な職業だなぁと思ったママ。

だってね、
人間の場合なら
ある程度、専門化されていて、

内科、外科、耳鼻咽喉科、
眼科、皮膚科、婦人科、
泌尿器科、整形外科、小児科、
心療内科、内分泌科、麻酔科、
歯科・・・その他もろもろ、

それぞれの専門分野に
特化していることが多いけれど、

町の獣医さんは、

内科医でもあり
外科医でもあり、
はたまた
歯科医でもあったりする。

多岐にわたる診療から、
常に緊張感が求められる
手術までこなしてしまう。

ある意味、
スーパー総合医。

    *****

もちろん、
動物の疾患数は
人間と比べてはるかに少ないし、

治療法や薬剤も
人間ほど多種多様ではない。

両者を単純に
比較することは出来ないし、

すべての獣医さんが
同じ水準にいるとは限らない。

とは言え、
獣医さんたちは
本当によく頑張られています。

朝早くから
入院中のコたちを診て、

午前診をこなし、
昼間は手術、
それから午後診。

動物を診るということは
体力も精神力も要する
相当、大変な仕事だと思う。

もの言えぬ動物たちの診療は
とても難しい。

客観的状態とデータを基に
苦しんでいるコたちの
心の声を察するしかない。

時には、
動物を我がコ同然に愛する
うるさそうな飼い主(←ママ)
との向き合い方に、
気を使うこともあるだろう。

IMG_7029b.jpg


何が一番すごいかって・・・

リリの、ただでさえ細い足の、
さらに細い静脈に針を打つ技術。

すべてにおいて
とっても尊敬なのです。




「獣医さん、また助けてくれてありがと
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら




仕返しするわんこ

リリは執念深い。

わんこ界の中で
3本の指に入るのでは・・・
と、思えるほど、

とにかく執念深い。

IMG_6539b.jpg


そんなリリの性格が
よく分かる出来事がありました。

先日、ばぁばが
リリの足を軽く踏んで
しまいました。

激怒したリリは、

ばぁばに向かって
機関銃のように
ギャンギャン吠えまくり、

般若のごとく
怒り狂ったのです・・・

踏まれた足と
ばぁばの顔を、
交互にチラっチラっと見ながら、

「ここが痛いのでちゅよ!!」

と、必死に訴えていました。

それだけでは
腹の虫が収まらないリリは、

ばぁばの後を追いかけまわし、

飛びかかりながら
カミツキガメして
手指にぶら下がっていました・・・

野犬かっ!!


やられたら、やり返す!!

IMG_3289b.jpg


なかなか根性あるでしょ?

このように、
リリは恐るべき、

仕返しするわんこ
なのです。





にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら




癒しの後ろ姿

ママの大好きなもの。
それは、リリの後ろ姿。

IMG_3358 b



まるで、
お地蔵さんのように

ちょこんとたたずむ
この後ろ姿に、

なんだかとっても
癒されるちゃうのです。

ねぇ、りりたん。
こっち向~いて♪ (ムーミン風に)




「リリは背中で語るのでちゅ・・・
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら





食糞癖、再び

昨日、
ママは見てしまった。

リリがこっそり
うん○さんを
食べているところを・・・。

その瞬間、
忘れていた悪夢
蘇ってきたのです。(ギャー!)

IMG_3291b.jpg


ここ最近、

食事量に比べて
うん○さんの量が
何となく少ないなぁ
と、疑問に思っていました。

それに、以前は
リビングのトイレを
使っていたのに、

寒い中、わざわざ
階段のトイレまで
出かけて行って
用を足してくるのです。

そんなリリを、

「家族の前では恥ずかしくて
出来なくなったのかな?」 とか、

「奥ゆかしいわんこ」 とか、

「リリも乙女だねぇ

なーんて、
のん気なことを
言っていたママたち。

実は、

隠れて食べていたとは!!

しかも、

バレないように
2~3個出した中の1個だけを
食べるようにしていたとは!!

なかなか頭のきれるやつめ・・・。

    ****

昨夜、
リリがこっそり
階段へ向かう後を尾行して
知ってしまった真実。

3個のうち、1個を確かに食べた。
そして何食わぬ顔で戻ってきた。

もー、やめちくれー。


食欲があることは
うれしいけれど、

そのお口で
チュキチュキされたら
ママツライ・・・
(でも、免疫力つくかも?)






にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら




目撃証言

うん○さんを
食べているかもしれない
疑惑が浮上したリリ。

でも、見たのは一度きり。

ママの心情としては、
まだリリを黒と決めつけたくない。
(120%、黒だと思うけど・・・

ということで、
しばらく様子を見ていたのですが、

でるわでるわ、目撃証言。

「リリが を眺めていたので、
とっさに、ノォーっ!!っと言ったら
1個だけくわえて逃げていった・・・」
とか、

「ティッシュペーパーを
取りに行っている間に、
1個無くなっていた・・・」
とか。

目に浮かぶように
リアルだわ・・・。

がっくり・・・。

IMG_6624b.jpg


リリは食欲の塊のようなコで、
いつもお腹を空かせています。

脂肪分5%未満のフードが
あっさりしていて
イマイチ腹持ちがよくないようで。

現在、体重2.6kg弱。

おしり周りもふくよかなので
できれば現状維持したいけど・・・。

さてさて、困りました。

とりあえず、
体重増加に気をつけながら

うん○さん1個分だけ
ごはんの量を増やしてみよう。





「お顔ペロペロしたらみんな逃げていくの・・・
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

なーんか、お口臭いと思ったのよねぇ・・・

過去記事一覧はこちら



命毛(いのげ)

最近知った言葉、「命毛」

命の毛と書いて
'' いのげ '' と読むそうな。
(美容業界用語なの?)

ほお骨にかかる
顔まわりの毛のことで、

これがあると
顔の輪郭がカバーされて、

顔が小さく見えたり
若く見えるらしい。

    *****

ふと、リリの顔を見たら

あら~、
あるじゃな~い。

IMG_6757b.jpg


小顔でピチピチに見えるのは、
命毛のおかげ・・・?




「ママにも命毛が必要でちゅね・・・
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら




朝から粘液便

リリ、本日早朝より
再びお腹の調子が悪く、

下痢の後、
粘液便が出てしまいました・・・。
(今のところ、出血はなし)

昨夜はとても寒かったので
冷えてお腹を下したようです。

腹痛がある様子で、
情緒不安定になって
家中をウロウロ・・・。

前回の教訓から、
すぐに病院へ
連れて行くことにしました。

検便と血液検査をされたのですが、
今のところ、急性膵炎の兆候は
ありません。

IMG_3444b.jpg


でも、CRPとv-LIPは
症状が現れてから2~3日後に
上昇してくることが多いそうで、

今日から数日間は、
体調変化に注意が必要だそうです。

脱水による循環不良のせいで
腎機能が少し悪くなっていたのですが、

食欲があり、水分も摂れているので
皮下点滴はしていません。

でも念のため、しばらくの間
いつもの手作り食を指示され、

お薬を3日間処方されました。
(抗菌剤2種と整腸剤)

IMG_3447b.jpg


明後日は
トリミングの予定だったのですが、
当然、キャンセル・・・。

4日後には
5歳の誕生日を迎えるリリ。

元気に誕生日を迎えられるように
何が何でも、安静にしてもらわないと!!




「ずっとママに監視されているの・・・(怖)」
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

見張っていないと、
すぐに暴れ回るでしょー


過去記事一覧はこちら


<メモ>
体重:2.58g
体温:39.2℃
薬:アンピシリン、ノルフロキサシン、整腸剤


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。