Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
膵炎闘病記【1】

※これはママの回想録です。

2016年。
年明け間もない頃の出来事です。

リリアーナが急性膵炎を発症し、
一時、命が危ない状態に陥りました。

膵炎マーカーである v-LIP (犬膵特異的リパーゼ) は、
正常値 0~160のところ、検出限界 (>1000) を超え、
希釈測定によって、1899 という数値をたたき出しました。

これは、最初の初期症状が現れた生後4ヶ月頃から
1歳10ヶ月で急性膵炎を発症し、
その2ヶ月後に寛解するまでの記録です。

    *****

↓リリ1歳3ヶ月ごろ♪
IMG_2700.jpg


膵炎は命をも脅かす本当に怖い疾患です。
そして早期発見が予後を左右します。

しかしながら初期症状は、
元気がない・食欲不振・軽い下痢や嘔吐といった
ごくありふれたものです。

それゆえに、残念ながら見落とされることもあります。

もちろん、上記のような症状があるからといって、
即、膵炎というわけではありません。

また、たとえ、膵炎マーカー(v-LIP, Spec cPLなど)が
比較的高値でも、健康に全く支障のない例もあります。

ただ、ママが今回の経験で痛感したのは、
これらの「ごくありふれた症状」を
「決して甘く見てはいけない!」ということです。

あくまでも、いち経験談に過ぎませんが、
もし今後、皆様の最愛の仔に
同じような症状が現れたとしたら、

膵炎を疑うひとつのきっかけになれば・・
苦しむ期間が少しでも短くなれば・・
という思いから、記録に残すことにしました。

通常の日常ネタの記事も挟みながら、
闘病記も少しずつアップしていきますね。

かなり長くなると思われますが、
よろしければお付き合いください。m(_ _)m

つづく

よければポチッとお願いいたしまちゅ。(〃´3`) chu♪ リリ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

過去記事一覧はこちら
スポンサーサイト
2016/05/08(日) 15:30:00 | 膵炎闘病記 | Trackback(-) | Comment(-)
膵炎闘病記【2】

※これはママの回想録です。
 
膵炎とは、本来なら十二指腸内で
活性化されるべき膵液が、
何らかの要因で、膵臓内で活性化され、
膵臓組織に炎症を起こすとともに、
自分自身を消化してしまう状態です。

慢性と急性に大別され、

慢性膵炎は、
他の消化器疾患と区別がつきにくく、
元気がなくなったり、食欲不振(食べムラ)が
''断続的'' に続きます。
また、嘔吐・下痢を伴うこともあります。
炎症が慢性化することで、
膵臓の細胞が萎縮・線維化して
徐々に壊れてゆきます。

一方、急性膵炎は、
激しい痛みを伴いながら炎症が進み
血管の透過性が亢進して
血管内が脱水状態に陥ります。
炎症反応の連鎖により、
さまざまな臓器が悪影響を受けてしまいます。
循環血流の減少によるショックや、
DIC(播種性血管内凝固症候群)などの合併症を
併発した場合の死亡率はかなり高くなります。

慢性膵炎、または急性膵炎の初期段階では、
共に、ごくありふれた胃腸症状ですので、
血液検査(v-LIP, Spec cPL:膵特異的リパーゼなどの測定)
をしない限り、診断は難しく、「よくある消化器の不調」
程度にしか認識されないこともあります。

胃腸の具合が悪い時に、もし血液検査を受けるならば、
念のため項目に「リパーゼ」を入れてもらうと、
膵炎の''疑い'' として、スクリーニングできる可能性は
あるかと思います。

犬の消化器疾患は、いずれも最初は同様の症状を
呈することが多いです。

胃腸炎、IBD(炎症性腸疾患)、
蛋白漏出性腸症または肝臓病などの
その他消化器疾患との鑑別のためにも、
早い段階での総合的な検査は必須と思われます。

リリはたまたま運が悪かったのかもしれませんが、
病院へ行っても、膵炎に結びつくまでには、
結果的にとても長い期間を要してしまいました。

これらの検査の早期必要性を、ママも獣医さんも、
しっかり認識していなかったからです。

膵炎は今まで、高齢犬に多いとされてきましたが、
年齢に関係なくどの仔にも起こりうる病気です。

近年、その発生頻度は確実に増えており、
決して珍しい病気ではないのです。

特に、急性の場合、たとえ「疑いの段階」でも、
確定診断を待たずに、早期に治療(持続点滴)
を始めないと、命を落とす可能性もあります。

単なる胃腸の不調で済まされてしまうか、
もう少し突っ込んで調べてくれるか、
これは、獣医師の知識や経験、
あるいは勘がものを言うと思います。

ただ、私たちにも、ほんのちょっと知識があれば、
もしかしたら、早期に気づいてあげられるかもしれません。

Liliana_20160311.jpg


つづく

よければポチッとお願いいたしまちゅ。(〃´3`) chu♪ リリ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら
2016/05/11(水) 14:00:00 | 膵炎闘病記 | Trackback(-) | Comment(-)
膵炎闘病記【3】

※これはママの回想録です。

リリが最初に異変を起こしたのは、
ママのお家にやって来てから間もなくのことでした。
具体的には生後4ヶ月の頃です。

なかなか体重の増えないリリを家族が心配して、
いつものフードの量を少し増やした翌日から、
突然、食欲がなくなってしまいました。

食べるのが大好きな仔でしたが、
ごはんの時間になっても寝床から出てこなくなりました。

何だか元気がないなぁ…とは感じていましたが、
おもちゃを見せると、元気に遊んだりもしていたので、

当時は、リリの体内で起こっている異変など全く気づかず、
フードを食べないのは「リリの勝手な好き嫌い」としか
思っていませんでした。

その後も、フードを食べたり、食べなかったり
を繰り返す状態が続きます。

見かけ上は、いわゆる「食べムラ」と同じ状態です。

その他の異変といえば、
月に数回ほど、激しく遊んだ後などに、
黄色の液体が混じった
未消化のフードを吐き戻す程度。
それほど、深刻には考えていませんでした。

この間、ママは念のため、色々調べたり、
病院へも連れて行きましたが、

たまたま、運の悪さが重なって、
膵炎に結びつくまでには、結果的に、
とても長い期間を要してしまいます・・・。

まだまだ幼かったリリ。
高齢犬に多い疾患にかかるはずもない。
食べムラ・好き嫌いはよくあること。
そんな先入観がママや獣医さんにあったのです・・・。

IMG_9436.jpg


つづく

よければポチッとお願いいたしまちゅ。(〃´3`) chu♪ リリ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら
2016/05/12(木) 16:00:00 | 膵炎闘病記 | Trackback(-) | Comment(-)
膵炎闘病記【4】

※これはママの回想録です

リリの断続的な食べムラが始まってからも、
緊急性はそれほど感じなかったので、
そのまましばらく様子を見ていました。

しつけのごほうびに、時々少量の
ベニソン(鹿肉)のトリーツをあげていたので、

「リリはおやつの味をしめて、
すっかりグルメになっちゃって…
美味しくないフードは食べたくないのかな~?」
なんて、思っていたり、

時間が経てば、またポリポリ食べ始めるので、

「ダダこねて好き嫌いしても、結局は
お腹が空けば、ちゃーんと食べるのね~♪」
なんて、みんなで笑ったりもしていました。

しかしながら、ママのお家へやって来た頃は、
同じフードをむさぼるようにガツガツ食べていたリリ。

やっぱり、何かがおかしい・・・。

フードを全く食べない時もあり、
また、食べても半分以上残すことが、やはり心配で、
念のため病院へ連れて行くことにしました。

    *****

リリを近所の病院へ連れて行ったとき、
血液検査はされませんでした。

無駄に検査は行わない主義の先生だったのでしょう。

また、リリの場合、
下痢はめったになく、たまに嘔吐する程度。
どの仔も一度は経験する食欲不振くらいでは、
なかなか検査もしづらかったのでしょう。

ママのほうにも責任はあります。
あれ?検査は?と、一瞬頭をよぎったのに、
この程度ならそんな大それたことしないんだな、
と、勝手に自分の中で納得していたのです。

当時は、ちょうど梅雨~初夏。
温度・湿度も上がってきた頃だったので、

「好き嫌いか、もしくは軽い夏バテでしょう。
一応、お部屋の環境を良くしてあげて下さい。」
という話で終わってしまいました。

ちょうど、先代犬のヨーキーも、
生後半年頃から食べムラが出始めたので、
リリもそうなのだろう・・と、
みんなてっきり思い込んでいました。

でも、この 「ただの食べムラ」 と思われていた状態が、
実は、 「膵炎」 の代表的な症状のひとつなのです。

この時点で、せめて、ママは、
セカンドオピニオンを求めるべきでした。

それでも、結果は同じだったかもしれません。

ただ、もしかしたら、
膵炎の病態に詳しい獣医師が、
その可能性を疑ってくれたかもしれない・・
早期発見につながったかもしれない・・

そう考えると、
物言えぬリリを、長期間苦しめてしまった・・
リリの心の声をちゃんと聞いてあげられなかった・・

そんな罪悪感で、
ママは今でもすごく胸が苦しくなるのです・・。

IMG_9320.jpg


つづく

よければポチッとお願いいたしまちゅ。(〃´3`) chu♪ リリ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら
2016/05/13(金) 16:00:00 | 膵炎闘病記 | Trackback(-) | Comment(-)
膵炎闘病記【5】

※これはママの回想録です

その後、リリの食欲は、数週間単位で、
良くなったり悪くなったりを繰り返します。

全然食欲のない時期が続いたかと思えば、
再び食べ始めたり・・と、
不規則な食べムラは続いてゆきます。

しかし、
これが病気のサインであるという認識は
当初、ママにはほとんどありませんでした。

厄介なことに、
見かけ上は比較的元気なのです。

確かに、
長時間寝床で休むことは多くなりましたが、
おもちゃを与えれば、普通に遊んだり、
ママの後をついて回ったり、
通常とあまり変わらないのです。

この「見極めにくさ」が
早期発見を遅らせてしまう
元凶であると思います。

実際のところ、潜在患者(患犬)は、
町の獣医師が思っている以上に、
かなり多いのではないかという話です。

食欲不振を繰り返していた頃、
リリの膵臓は、すでに、
慢性的な膵炎の状態にあったと思われます。

症状が出始めた生後4ヶ月頃から、
膵臓の軽い炎症が始まり、
寛解と再燃を繰り返していたのでしょう。

繰り返し炎症が起きることで、
膵細胞はダメージを受けていきます。

やがて細胞が硬くなり繊維化し、
その機能を失ってゆきます・・・。

    *****

一方、その頃のママは、

リリの食いつきが悪くなると、
このフードに飽きたのかなぁ・・と、
色々試行錯誤して種類を変えてみたり、
煮込み野菜などでトッピングしてみたり、
完全にフードジプシー状態でした。

リリはわがままっ子だから、
フードが気に入らないのだろう・・
そういう時期なのだろう・・
そういう体質の子なのだろう・・
と、ママたちの思い込みは続きます。

しかし、以前は普通に食べていたフードを
急に食べなくなるというのは、
やはり「何かのサイン」だと考えるほうが
妥当なのでしょう。

ママはこの認識がとても甘かったと思います・・。

(※もちろん、ただの好き嫌いや、
甘えの場合もあるかとは思います)

そして、リリの場合、
時々、嘔吐することはありましたが、
下痢・血便など、決定的な異変がなかったことが、
ママが事の重大性に気づくのを
さらに遅らせてしまいました・・・。

    *****

また、フードをママの手にのせると
食べてくれることが多かったので、

「な~んだ、リリちゃんたら、
甘えん坊さんなだけなんだ~♪」
と、みんなで笑っていましたが、

今思い返してみたら、
リリは経験的に、フードを食べると自分の体調が
悪くなることを知っていて、拒否していたのに、

ママの手の上のものなら安心かも・・・
ママの手の上のものを食べないのは悪いな・・・
と思っていたのでしょう。

体がしんどかっただろうに、
無理して食べてくれていたんだね・・・。

そんな、けな気なリリのことを思うと、
1年半もの間、本当に辛い思いをさせてしまった・・・と、
涙がにじんでくるのです・・・。

↓リリ1歳頃
IMG_1816.jpg


つづく

よければポチッとお願いいたしまちゅ。(〃´3`) chu♪ リリ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら
2016/05/15(日) 11:00:00 | 膵炎闘病記 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.