Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
イチゴちゃんハウス

リリが我が家にやって来た頃に購入した
通称、イチゴちゃんハウス。

入り口の芯の部分をカジカジするので、
結局ほとんど使わずに放置していました。

ママの部屋で約2年間眠っていた
イチゴちゃんを久々に出してみました。

ちょっとお姉さんになったリリは、
もうあの頃のようにカジカジしません。

警戒心の強いリリですが
10分後には、入ってくつろいでました。(*´ω`*)

IMG_2527b.jpg


わが子の成長した姿に、ママはうれしくなりました。

ところが、その後・・
一体何が気に入らなかったのか、

突然、ハウスに頭突きをかまして
ソファから蹴り落として
ひっくり返ったイチゴちゃんハウスを見て
さらに、キレまくるリリなのでした・・(苦笑)

とほほ。。(;´д`)=3

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
とっても励みになります♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆最近、左のカレンダーやカテゴリーから記事に入ると、
テンプレートがバグしてうまく表示されないので、
過去記事一覧を作りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
肝機能改善

天ぷら事件によって、
肝臓を悪くしてしまったリリですが、

皮下点滴(最初は毎日、その後隔日)と
10日間の服薬を終え、いよいよ採血の日となりました。

結果は、

ALT(GPT):412→67
v-LIP(リパーゼ):88→83

と、数値が安定し、点滴は終了となりました。

ただ、すぐに薬は切れないとのことで、
ウルソ、Amoxi、バクシダールを引き続き10日間、
その後、ウルソ、Amoxiを5日間続けるそうです。

膵炎治療の時もそうでしたが、動物医療界では、
抗菌剤をかなり長期で飲ませるなぁ・・
というのがママの印象です。

数値が改善しているのに、抗菌剤を2剤併用で
さらに数週間も投与って、念入れすぎじゃない?!

かと言って、炎症を起こして弱っていた臓器に
細菌感染を引き起こされても困りますし、微妙なところです。

抗菌剤による腸内細菌叢の乱れで、
いつもリリのお腹が緩くなってしまうのが
実は一番厄介なのです・・・

それにしても、高くついた天ぷらでした。
ママの財布からは、ひっきりなしに
諭吉が消えてゆきます。(;ω;)

リリが元気になればそれでいいのですが、
今度はママがげっそり・・です。(›´ω`‹ )ゥウ・・(笑)

IMG_2467s.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
別名カミツキガメ

今日は、ママがリリの別名をご紹介します。

リリは小さいころからよく甘噛みする子でした。
成長とともに、どんどんアゴの力が強くなり、

これって、本気噛みでは!?!?ΣΣ(゚д゚lll)
と、内心、ゆく末を心配していました。

ママが言うのもなんですが、リリはとても頭のいい子で、
生後3、4か月頃には、十数通りのしつけコマンドを完璧に覚え、
指示を出すだけで、自らトイレシートの上に行き
チッチできるような手のかからない子でした。

この子は神童だ!とママも親バカぶり炸裂でした。

しかーし!!

現実は、そう甘くはありませんでした。(;д;)

気に入らないことがあると、突然キレて
全力で噛みついてくるのです!!

こればっかりは、2歳になった今でも、
まったく直りません!!!!

噛みついてくるだけなら、まだいいのですが、
首を左右に激しく振るので、犬歯が食い込んで
骨の髄まで激痛が走ります。(苦笑)

一度噛みついたら、ママのカミナリが落ちるまで
絶対に離さないので、

ばぁばから、「カミツキガメ・・」と、
こんな不名誉なあだ名が付けられてしまいました。。

じぃじは、分厚い皮の手袋の購入を真剣に考えています。(;´Д`A ```

わずか2kgの子に、ママたちはいつも降参です。
リリは、我が家の無差別級チャンピオンなのです。

0.01秒前には、天使の顔をしていても、

IMG_2038.jpg

一瞬で、それはそれは恐ろしい凶暴カミツキガメです。(涙)

IMG_2075.jpg


とほほ。。(;´д`)=3

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村

↑ポチっとお願いいたします♡励みになります♪
2016/04/25(月) 13:00:00 | 自己紹介 | Trackback(-) | Comment(-)
リリアーナの由来

今日はあたちの名前の由来をご紹介しまちゅ。

あたちの本名はリリアーナ(Liliana)で、
イタリア語のユリが由来だそうでちゅ。

昔、ママがバックパッカーに憧れて
イタリアを1ヶ月かけて一人旅したときに、
とっても素敵な人たちにたくさん出会いまちた。

すっかりイタリアに惚れ込んだママは、
次に迎え入れるヨーキーには、
絶対にイタリア名をつけたい!と思っていまちた。

ユリのように上品で美しい女の子に育ってほしい・・
そんなママの願いが込められた名前らしいのでちゅが、

お気に入りのぬいぐるみを引きずりまわして
ボッコボコにやっつけるあたちの前に、

ママのほのかな願いは、
今日もあっけなく打ち砕かれるのでちた。。

IMG_2891s.jpg


元気が一番なのでちゅ!(>ω<)

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
2016/04/23(土) 21:39:11 | 自己紹介 | Trackback(-) | Comment(-)
皮下点滴

ママです。

先週、タラの芽の天ぷらを盗み食いして、
ALTが412まで上昇し、肝炎状態と診断されたリリ。

内服薬3剤を服用することになりました。
・ ウルソ (胆汁の流れを改善)
・ 抗生剤 (Amoxi ® アモキシシリン)
・ 抗菌剤 (バクシダール® ノルフロキサシン)

リパーゼは基準値内だったものの、
膵炎が再発していても、必ずしも数値に反映されない
こともあるらしく、かつ、軽度の脱水状態にあるため、
しばらく毎日、皮下点滴に通うことになりました。

ママは仕事で多忙で、じぃじとばぁばにも迷惑はかけられないので、
皮下点滴は徒歩で通える近所の病院にお願いすることにしました。

順番を待っている間も、ビビリなリリはガッタガタです。

((((;゚Д゚))) ガクガクガクブルブルブル

背中にチックンされて、ソルラクト(乳酸リンゲル液)を
100mL弱ほど1~2分かけて注入。

「あたちに何ちてくれるんでちゅか!!!」
って感じで、後ろに首をぬ~っと伸ばして先生をギロッと見るので、

いよいよ、カミツキガメに豹変するのでは・・と、
ママはドキドキです(笑)
ほんとは、超ビビリなくせに・・( *´艸) ププッ

ちなみに、リリは家族以外の人間様を噛むことは絶対にありません。
ただ、女の子のワンちゃんには、ケンカを売ることが多々ありまして、
ママの大きな悩みの種です。

(;-ω-) =3 ハァ~

帰宅後は、点滴で体が少し楽になったのか、
結構、ごきげんさんなリリでした。

IMG_2865.jpg


よければポチッとお願いいたしまちゅ。(〃´3`) chu♪ リリ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
Designed by aykm.