Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
そっくりさんはだぁ~れ?〔3〕

リリはお気に入りのカジカジ棒で
あごを鍛えるのが日課。
(ほんと、葉巻みたいにくわえるよねー)

IMG_0339s.jpg


ガジカジ中にママが近づくと
慌てて棒をくわえて逃げようとします。
(誰もそんなものとらないよ・・・笑)

IMG_0309s.jpg


このお顔が○○に似ているので
そっくりさんシリーズに加えてみました。

さて、誰のそっくりさんでしょう??

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

正解は、うなぎ犬。
棒がまるで上唇みたいでしょ

unagi.jpg


やだー、ママって古いー


「リリって・・・ブサカワなのでちゅ
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ



過去記事一覧はこちら



スポンサーサイト
以心伝心はまだまだ

リリのお散歩の時のお話です。

縄張りのチッチ場所まで
最初は調子よくトコトコ歩くリリ。
(と言っても20mほどですが・・・笑)

でも何故か、チッチをした後は、
必ず一旦座り込んでしまいます。

IMG_1083s.jpg


数分経過しても全く動こうとしないリリに
いつもしびれを切らしてしまうママ。

「抱っこしておうち帰る?」
「おさんぽする?」

と、ついつい聞いてしまいます。

抱っこなら、ママの膝の上に
ぴょんっと飛び乗り、

まだお散歩したいなら、
再びトコトコ歩き出します。

IMG_1089s.jpg


だいたい、問いかけの後すぐに
このどちらかの意思表示をするリリですが、

時々、そのどちらでもないときがあるのです。

たぶん、通りすがりの人やわんこさんを
観察したいのだと思います。

でも先に進みたいママは
まったく腰を上げようとしないリリに、

ついつい矢継ぎ早に
さっきの選択肢を投げかけてしまい・・・

ママに分かってもらえず
ちょっと困った顔をするリリです。

IMG_1096s


困りすぎて・・・
なんだかお顔がぶちゃいくです

以心伝心はまだまだですね



「リリはね、ただその場にたたずんで、
風の声を聞いていたいだけなのでちゅ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
リリちゃんてば、意外と詩人なのネ


過去記事一覧はこちら



未知との遭遇

雪が降り積もった日。

リリ以上に、はしゃいでいたのが
ママでした。。(・ω<)

童心に返って作ったのが
この超弱そーな雪だるま

IMG_1311s


リリにも見せてあげようと
家の中に持ち込み
しばらく様子を伺ってみると・・・

IMG_2427s


最初は得体の知れない物体に
キレまくっていましたが・・・

IMG_2430s


やがて・・・
ビビリながらも興味を示すリリ。

IMG_2438s


これって・・・

IMG_2434s


これじゃない?!

ET.jpg


その後・・・
どんどんお近づきに。

IMG_2486s


最後には・・・

IMG_2503s


ぺろぺろ、ガリガリして
ママの力作、食べてました


「雪だるまって食べ物なんでちゅね
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
いえいえ、違いますよ
どこまでも食い意地の張っているリリに・・・ポチっと



過去記事一覧はこちら



犬育ては奥深い

分離不安症の記録の連載中です

ジルケーンを飲み始めてわずか4日目。
分離不安症からの早朝パニックは
何事もなかったかのように
ピタリとおさまりました。

ただ、このサプリを飲んでいると
日中でも異常に大人しくなるような気がします。

そこで、思い切って中止してみたら
中止後数日で再び早朝パニックが
始まってしまいました・・・。

しかも今回のパニックは
今までで一番激しい鳴き叫び方。

何かに体当たりしているような
大きな物音も、何度も聞こえてきました。

一時間近く経過しても
全く鳴き止む気配がありませんでした。

これって離脱症状?!

さすがに心配になって
この時はリリのもとへ駆けつけました。

<早朝パニック再発の時刻記録>
12月21日(水) 5:30 a.m.
12月22日(木) 4:30 a.m.

結局のところ、
ジルケーンが効いていただけで、
ママの行動療法は全く効果が
現れていなかったのかも・・・。

仕方がないので
再びジルケーンを再開し、
行動療法が軌道に乗ったところで
今度は数日かけて用量を減らしながら
中止してみることにしました。

IMG_2009s


この方法が功を奏したのかは分かりませんが
その後は本日に至るまで
早朝パニックは一度も起こしていません。

    *****

リリは甘やかせば甘やかすほど
どんどん依存していくタイプ。

生後2か月でママの家にやって来てから
けっこう厳しく育ててきたつもりだけど、

病気してからは何だか負い目に感じて
甘えたい放題させていたかも・・・。

IMG_0405s


おそらく今回の経緯はこうなのです。

『今までの積み重ねで
すっかりワガママ娘になってしまったリリ。

ちょっとした事でも、
怒ったり、駄々こねたりするようになりました。

そんな時、
突然出現した部屋を仕切るゲートに
ストレスを感じたことが発端となり、

極度の赤ちゃん返りをしたのち、
早朝にひとりで目覚めた時に
不安と恐怖を感じるようになってしまった・・・』

    *****

リリの場合に限って言えば、
ある程度の距離感をもって
ちょっと厳しめに接するほうが
うまくいくのかもしれません。

とは言うものの、
抱っこちてと甘えてくるリリに
つれない態度をとることなんてやっぱり出来ない。

甘やかし過ぎず、
かと言って、厳しくし過ぎず。

いわゆる飴とムチのちょうどいい塩梅を模索中。。

ママが犬育てから学ぶことは本当に多いです。

<おわり>

またまた、長々とお付き合い頂きまして
ありがとうございました。


「リリ育ては難しいのでちゅ~
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ



過去記事一覧はこちら



2017/01/23(月) 12:00:00 | 分離不安症の記録 | Trackback(-) | Comment(-)
共倒れ無事回避

分離不安症の記録の連載中です

12月16日(金)以降、
リリの早朝パニックは起こらなくなり、
無事に収束したように見えました。

さすがにこれが毎日続いていたら
ゆくゆくはリリの声帯が
やられてしまったかもしれません・・・。

また、お昼寝も全くしなくなり
夜も十分眠れていなかった様子なので
体力も弱っていったと思います。

ママも冗談抜きでノイローゼになっていたかも・・・。

実際のところ、行動療法がよかったのか
ジルケーンが効いたのかは分かりませんが、
(ママはジルケーンが劇的に奏効したと思います。)

IMG_1495s.jpg


共倒れが回避できて本当によかった!!涙
もうしばらくは服用を続けさせようと思います。

    *****

今、再びリリはリビングの中でも
問題なく生活ができるようになりました。

でも家族が見ている間はゲートを開けて
自由に出入り出来るようにしています。

以前もずっと隔離していたわけではなく
ある程度は自由にさせていたのですが・・・

思い返せば、リリの要求に応じて
出してしまっていたな・・・と反省。
今では、こちら側の意思で出すようにしています。

    *****

早朝パニックが起こらなくなってからのリリは
明らかに精神状態が安定しています。

夜になって家族が寝る気配を感じると、
自分からハウスに入ってさっさと寝てしまいます。

本来のあっさりしたリリが戻ってきた!!
元に戻って本当にうれしいよー

IMG_2018s


家族全員、この奇跡のスピード回復に驚いています。

毎日毎日、ひんひん、ぐずぐずと
日中もずっと精神不安定だったリリ。

今では、うんともすんとも言わなくなり、
しかも以前にも増してコマンドを
よく理解して従うようになりました。

この見違えるほどの変化に、
「何だか気味が悪い・・・」
と、ばぁばが言うほどなのです。

確かにちょっと大人しくなり過ぎてるような・・・

<つづく>
   

「リリの分離不安症。ひとまず一件落着でちゅ
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ



過去記事一覧はこちら



2017/01/21(土) 12:00:00 | 分離不安症の記録 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.