Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
干し柿誤飲騒動<内視鏡>

レントゲンに写っていた
干し柿のヘタらしき丸い影・・・。

もちろん植物片なので
くっきり明瞭な影ではありませんでしたが、
限りなく怪しい影でした。

それに、ママにはひとつ気になることがありました。
もともとゲップの多いコではあるのですが、
いつもより何となく胃酸が上がってくる回数が
多いような気がするのです。

胃酸過多になるのは、やはり、
胃の中に何か原因があるのでは・・・
と、思わざるを得ませんでした。

    *****

ヘタ(らしき物体)を取り出す方法として、

薬剤による催吐処置と内視鏡
2つの選択肢がありましたが、

実際、何個の柿を食べたのか
はっきりしないため、
ママは、確実性を優先しました。

IMG_0666s


もちろん、小さいリリに
全身麻酔をかけて胃カメラを入れるのには
かなりの抵抗があったのですが、
背に腹はかえられませんでした。

麻酔が可能かどうかの状態を確認するため
まず、血液検査が行われました。

結果はパーフェクトでした。

脱水もなし。
肝機能・腎機能良好。
あれだけカロリーを摂ったのに、
血糖値も正常でした。
膵炎も再発していませんでした。

腸閉塞時に上昇しやすいCRPも
0.1と、いたって正常でした。

IMG_0805L.jpg


この病院は症例数が非常に多く
獣医師・動物看護師の人数・経験も豊富で
機器・設備も充実しており、
まず大丈夫、とは思いましたが、

インフォームド・コンセントで、
内視鏡や吸入麻酔のリスクを説明されたとき、
さすがに少しは心配になりました。

人間の場合でも、内視鏡(胃カメラ)で
年間数件の死亡例があります。
胃を膨張させた際に
破裂してしまうこともあるそうです。

麻酔も然りです。
事前の検査で予測できない副作用や
アレルギー反応でショック死するコもいますし、
人間なのでミスが起こることもあります。

ただし、これらは本当に稀なケースで
起こる確率としては非常に低いものなので、
リリがそうでないことを祈るばかりでした。

唯一の安心材料は、
ここでは、結構な症例数をこなしているようですが
吸入麻酔と内視鏡の事故は1件もないということでした。

覚悟を決めて同意書にサインをし、
リリを託しました。

つづく>    


にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ



過去記事一覧はこちら



スポンサーサイト
2016/11/25(金) 12:00:00 | 干し柿誤飲騒動 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.