Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
まさかの膵炎再発・・・

金曜夕方からお腹の調子が悪かったリリ。

翌朝も軽い下痢。
しかも朝ごはんの食いつきが悪い。

食欲が全くないわけではないけれど
食べものには目がないコなのにおかしい・・・。

これは何だか雲行きが怪しいぞ。
かすかによぎる、いや~な予感。

まぁ、大したことではないと思うけど、
土曜日に病院へ連れていきました。

そしたらまさかの ''大したこと'' でした・・・

IMG_4465s


血液検査の結果、
昨年1月以来の急性膵炎再発。

【v-LIP:膵リパーゼ】
  >1000 over (0~160 U/I)
【ALT:肝機能】
   95 (17~78 U/I)
【BUN:尿素窒素】
  22.5 (9.2~29.2 mg/dL)
【PLT:血小板】
  25.9 (15~50万μL)

再び、v-LIPがオーバーして測定不能に。

3倍希釈測定により、
2116 U/I となりました。

昨年、死にかけたときのv-LIPは1899 U/I。

今回の方がわずかに高いのですが、
厄介なことに数値の大きさが重症度と
必ずしも相関するわけではないのです。

さらに、希釈は誤差が出やすいので
あくまでもおおよその目安です。

重症度の判定には
CRP(炎症の指標)の方が
向いているようですが、

今回、CRPは上昇しておらず(0.1mg/dL)
少なくとも重症の膵炎ではなさそうです。

とは言え、希釈前の測定で
v-LIPが1000を超えていることは
揺るぎない事実で、

恐れていた急性膵炎が
再発してしまったのでした・・・(;ω;)

    *****

今回も脱水が少々進行していて
要注意な状態だそうでして。

血液粘性の指標のひとつである
HCT(ヘマトクリット値)が
60%を超えるとマズい状態なのです。
(HCT:血液中に占める赤血球の体積の割合)

【HCT:ヘマトクリット】
   61.7 (37~55 %)

経口補水液で水分を摂らせていたつもりですが、
それでもこれだけ脱水するって困りましたねぇ・・・。

過度の脱水はDICの引き金になり得ます。

でも、当の本犬。
比較的元気もあるし、昨年のような
命にかかわる状態でもありません。(^ω^)

    *****

周辺臓器への影響ですが、
肝臓は少々悪くなっていますが、
腎臓はちゃんと機能しています。
一番ママが神経を尖らせる血小板数も良好。

なので今回は気分的にかなり余裕があります♪

相談の結果、入院はせずに、
皮下点滴のために毎日通院し
内服薬を併用することになりました。

食事は、v-LIPが下がり出すまでは
茹でたジャガイモ生活です。

IMG_4466s


ちなみに今日は脱水がひどいので
かなり大量に点滴してもらったリリ。

夜には食欲指数100%を超え、
効果てきめんでした
(ご飯の催促がすごいの・・・苦笑)



「大丈夫♪よゆーのよっちゃんでちゅ
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら

<内服薬メモ>
抗生剤2種、整腸剤

スポンサーサイト
Designed by aykm.