Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
膵炎闘病記【5】

※これはママの回想録です

その後、リリの食欲は、数週間単位で、
良くなったり悪くなったりを繰り返します。

全然食欲のない時期がしばらく続いたかと思えば、
再び食べ始めたり・・と、
不規則な食べムラは続いてゆきます。

しかし、これが病気のサインであるという認識は
当初、ママにはほとんどありませんでした。

厄介なことに、見かけ上は比較的元気なのです。

確かに、長時間寝床で休むことは多くなりましたが、
おもちゃを与えれば、普通に遊んだり、
ママの後をついて回ったり、
通常とあまり変わらないのです。

この「見極めにくさ」が早期発見を遅らせてしまう
元凶であると思います。

実際のところ、潜在患者(患犬)は、
町の獣医師が思っている以上に、
かなり多いのではないかという話です。

食欲不振を繰り返していた頃、
リリの膵臓は、すでに、
慢性膵炎の状態にあったと思われます。

症状が出始めた生後4ヶ月頃から、
膵臓の軽い炎症が始まり、
寛解と再燃を繰り返していたのでしょう。

繰り返し炎症が起きることで、
膵細胞はダメージを受けていきます。
やがて細胞が硬くなり繊維化してゆくのです。

    *****

一方、その頃のママは、

リリの食いつきが悪くなると、
このフードに飽きたのかなぁ・・と、
色々試行錯誤して種類を変えてみたり、
煮込み野菜などでトッピングしてみたり、
完全にフードジプシー状態でした。

リリはわがままっ子だから、
フードが気に入らないのだろう・・
そういう時期なのだろう・・
そういう体質の子なのだろう・・
と、ママたちの思い込みは続きます。

しかし、以前は普通に食べていたフードを
急に食べなくなるというのは、
やはり「何かのサイン」だと考えるほうが
妥当なのでしょう。

ママはこの認識がとても甘かったと思います・・。

(※もちろん、ただの好き嫌いや、
甘えの場合もあるかとは思います)

そして、リリの場合、時々、嘔吐することはありましたが、
下痢・血便など、決定的な異変がなかったことが、
ママが事の重大性に気づくのを、さらに遅らせてしまいます。

    *****

また、フードをママの手にのせると
食べてくれることが多かったので、

「な~んだ、リリちゃんたら、
甘えん坊さんなだけなんだ~♪」
と、みんなで笑っていましたが、

今思い返してみたら、
リリは経験的に、フードを食べると自分の体調が
悪くなることを知っていて、拒否していたのに、

ママの手の上のものなら安心かも・・
ママの手の上のものを食べないのは悪いな・・
と思っていたのでしょう。

体がしんどかっただろうに、
無理して食べてくれていたんだね・・

そんな、けな気なリリのことを思うと、
1年半もの間、本当に辛い思いをさせてしまったなぁ・・と、
涙がにじんでくるのです・・。

↓リリ1歳頃
IMG_1816.jpg


つづく

よければポチッとお願いいたしまちゅ。(〃´3`) chu♪ リリ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら
スポンサーサイト
2016/05/15(日) 11:00:00 | 膵炎闘病記 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.