Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
アスタキサンチン、その後

以前の記事の続きとなります


リリがアスタキサンチンを
摂り始めてから
1か月以上が経過しました。

今、飲んでいるアスタメイト®は
体重5kg以下のコなら
1日2錠が目安。

リリはまだ若いので
朝のみ1錠から開始してみました。
(フリー体換算値で0.5mg含有)

摂取するにあたって
ただひとつ心配していたこと。

アスタキサンチンは脂溶性のため
錠剤には微量のビタミンE含有植物油が
添加してあります。

その割合は、粗脂肪:8.4%
1錠(250mg)あたり21mg

膵炎持ちのリリには
余分な脂肪分の摂取は気を付けたいのですが、

この程度の量なら
問題がないようでひと安心。
今のところ全く異常はありません。

    *****

さて、気になるリリの変化。
目に見えて色んな効果が現れました。

最大の変化は2点あります。

・臭いが減った
・皮膚が強くなった

不思議なことに
体のあちこちの臭いが
大幅に減少しました。

目の周りのイヤな臭いが
あまり気にならなくなり、
お手入れ回数が減りました。

目ヤニの量は変わりません。
(リリは半透明~灰色がかった
目ヤニが少しだけ出ます)


口臭もマシになりました。
と同時に、
口腔内の粘り気も減少しました。
(以前は食器がネバネバしていたのですが)

そして何より、
うん○さんの臭いが変わりました。

今までは、思わずウッとなるような臭い。
でも今は、鼻にとてもやさしいです。

ママの鼻がイカれてしまったのかと
思っていたら、そうではないようです。

IMG_5593s.jpg


それからもう一つの
特筆すべき変化。

リリは少々皮膚が弱く
特に尿道口周りに
膿皮症の前段階の炎症を
よく起こしていました。
(ひどくなると化膿後、かさぶた化)

飲み始めてから、すっと赤みが引き、
今のところ、全く出来なくなりました。

    *****

ところで、
アスタキサンチンの吸収率は
わずか10%程度とのこと。

でも実は、腸管内に残った方も
決して無駄ではないようです。

活性酸素による腸管粘膜の障害を防ぎ、
腸管バリアを正常化してくれます。

ということは、
老廃物や過酸化脂質などの
生体にとって良くないものが
うまく排泄される…ということです。

さらに、
腸管粘膜の老化を防ぐことで
善玉菌が住みつきやすいような
居住環境を整える働きも担っています。

今まで、整腸剤を毎日続けて
善玉菌を増やしてきたリリ。

アスタキサンチンとの相乗効果で
とっても良いうん○さんが出ています。
(色は、ほんのり鮭色に変わります)

IMG_5590s


抗酸化作用を持つ成分は
山ほどありますが、

ピラミッドの頂点に位置する
アスタキサンチンは、

ずば抜けて酸化効率が
いいのではないか、と思われます。
他の成分とは一線を画している印象です。

万能薬ではないけれど、
少しでも老化のスピードが
緩やかになればうれしいです。

ずっとずっと、
リリと一緒にいたいから。。

(ママのその後の変化は最下部の追記に記録していまーす)



「リリ、長生き出来たらいいでちゅね
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら

リリに服用させるからには
まずママで実験を・・・と思い、
今日で2か月ほど飲んでみました。

とてもいい状態で
体調が安定している感じです。

追加で変化を挙げるとすれば、

ボロボロだったホルモン周期が
今のところピッタリ正常化しました。

ばぁばは、
34℃後半~35℃台だった体温が
36℃台に上がりました。
代謝がよくなったそうです。


そしてマイナス面

かなり元気になり過ぎて
夜更かししても疲れなくなったので、
かえって睡眠時間が短い日がありました。

短くても疲労感はないのですが、
夜の寝つきが悪いのは
ママにとって、由々しき事態。

アスタキサンチンは服用後5~8時間ほどで
最高血中濃度に達するそうなので(製品によって異なる)、
飲み方(服用時点)を変えてみることにしました。

朝2錠、昼1錠に振り分けて
夕の服用を止めたら、
7時間ぐっすり眠れるようになりました。

(それでも、もし寝つきが悪くなる場合は
朝3や減量でもいいかもしれません。
または寝る直前に。但し空腹時の吸収率は悪いです。)


    *****

成分としては、
研究データが大変豊富で、
効果の科学的裏付け(エビデンス)が
積み上げられてきています。

ちなみに、スポーツ選手のみならず、
抗加齢医学会や皮膚科学会所属のドクターは、
飲んでいる方・勧める方が多いようです。

(なので、ここに載せても差し支えない成分だろうと判断しました。
ママもこの分野では、全くの素人ではありませんので…


ママの場合は、
あまりにも体調が悪かったので、

この状態のまま仕事を続けたら
リリを置いてポックリいってしまうかも…と
真剣に悩んでいたのですが、

すっかり体調が改善して
救世主となりました。

もちろん、効果には個人差があります

(ちなみに、血縁者5人に試してみて
4人は何らかの良い変化があり、
1人は効果不明でした
疲れている人には効いているようです)


    *****

体内には60兆個の細胞がありますが
1日で1兆個もの細胞が分裂しているそうです。

その際に、DNAのコピーミスが毎日、
数千か所ほど生じる、と習ったことがあります。

その異常細胞(腫瘍の超初期段階)が
増殖しないうちに
取り除いてくれるのが免疫細胞。

若い頃はこのNK細胞も元気だったけれど、
つい2か月前まで、ママの免疫力は
ほんとに低下していました。

(ミクロの視点で見れば、
絶対、悪い細胞も出来ていたと思います)


細胞への酸化ストレスを減らして
免疫機能を上げるアスタキサンチン。

ママのへなちょこ免疫力は
実感として、かなり改善しています。

(年中ほぼ毎月、扁桃炎になっていたのが
全く起きなくなりました)


もちろん、
これだけに頼ってはいけませんし
過度な期待は禁物ですが、
サプリとしてはなかなかの代物でした。

(メーカーによって品質・成分量が異なるのでご注意を・・・)

不定愁訴でお困りの方は
試してみる価値があるかも・・・です。

少なくともママは
またリリと一緒に元気に過ごせそう・・・
という希望が持てました。(╹◡╹)



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら



スポンサーサイト
Designed by aykm.