Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
膵炎闘病記【6】

※これはママの回想録で、
膵炎闘病記【5】のつづきです

そして月日は流れ、翌年の春。
ちょうどリリが1歳4ヶ月になった頃でした。

フィラリアの薬をもらいに行った時、
セットで血液検査が受けられるとのことで、
せっかくの機会と思い、お願いすることにしました。

リリにとっては、
生まれてはじめての血液検査でした。

内容は、以下の基本12項目です。

【栄養】総蛋白・アルブミン・A/G比
【腎臓】尿素窒素・クレアチニン
【脂質】総コレステロール・中性脂肪
【肝臓】AST(GOT)・ALT(GPT)・ALP
【胆管】総ビリルビン
【糖尿】血糖

運が悪いことに、この時も、
膵機能関連項目はスルーしてしまいます。

A・B・Cの3コースがありましたが、
弱々リリだから、たくさん血液を採るのは
かわいそうだなぁ・・と、ママは自然と
基本のAコースを選択してしまったのです。

他のコースに膵臓の項目が
あったか否かは分かりませんが、

リリのことを思っての選択が、
結果的に裏目に出てしまいました・・。

    *****

この頃のリリは、
煮込み野菜のトッピングが功を奏し、
再び食欲が戻り、フードも何とか食べていました。

ただ、少し気になることがありました。

食後に毎回、必ず舌を高速でペロペロして、
口の周りを泡だらけにしているのです。

これは、膵炎コントロール中の今でも続いています。
実際のところ、因果関係はよく分かりませんし、
獣医師によっても見解は異なります。

最初の食欲不振が出現した以前は
見られなかった行動ですので、
ママは何らかの関連があるのでは?と思っています。

消化器系が刺激されて、消化液か何かが上がってきて
気持ち悪いんだろうなぁ、と思います。
 

それから、もうひとつ。

ちょうどこの頃から、
腹痛時の行動のひとつとして挙げられる
「祈りのポーズ」といわれる姿勢を
よくとるようになりました。

お尻を突き上げて、
前足を前方に伸ばすような姿勢なのですが、

お腹が痛いときにこの姿勢をとると
少し楽になるそうです。

犬はもともと痛みに強い動物ですが、
この姿勢をとる時は、かなり強い痛みを感じているとのこと。

これがちょうど、「プリケツ」のような格好で、
当の飼い主は、ほんと、のん気なもので、

「リリがまたプリケツした♪かわいい~♪♪」と、
まったく、リリの受難に気づいていなかったのです。

今思うと、自己嫌悪です・・(;д;)

※ちなみに、遊びの時にするプリケツ(play bow)は、
まったく異常ではありませんょ☆

IMG_2667s.jpg


つづく

よければポチッとお願いいたしまちゅ。(〃´3`) chu♪ リリ

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら
スポンサーサイト
2016/05/18(水) 13:00:00 | 膵炎闘病記 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.