Lili the Yorkie ♡

一見おしとやか・・実はカミツキガメなヨーキーリリとママの日記♪
今日のひとコマ - いじける

もっともっと遊びたいのに
遊んでもらえなかった時は、

何とも残念そうなお顔でいじけます。
これ見よがしに。

IMG_2541s.jpg


時々・・・
人間より人間じみたところがある
リリなのです。



「感情表現は得意でちゅ
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら

スポンサーサイト
真夏のちゃんちゃんこ

毎日うだるような暑さ。
24時間、クーラーなしでは
もはや過ごせません・・・

我が家の設定温度は、
割と高めの27~28℃。

常に温湿度計をチェックしながら
リリが快適に過ごせるように注意しています。

が、困ったことに、この温度でも
ちょっぴり寒がる時があるのです。

リリの平熱は38℃後半。
体温と室温との差が
人間より大きいリリの快適温度は、

もしかすると、
もう少し高めなのかもしれませんが、
そうなると、人間の方がツライ。

うーん、どうしたものか。

冷房が効きすぎた部屋で
さっとカーディガンを
羽織るような感覚で、

リリが簡単に羽織れるものは・・・
と、考えていたら、

あった。
ちゃんちゃんこ。

IMG_5394s.jpg


IMG_5359s


まさか、真夏に使うことになろうとは。

IMG_5427s.jpg


ちゃんちゃんこでスイカ。
ますます脳が混乱するわ。。



「夏告げる 蝉の音聞くリリ ちゃんちゃんこ
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら


初めての浴衣

今年こそはリリに浴衣を買ってあげたい。

いつも、気づいた時には
夏が終わっているパターンだったママ。
今年は無事にゲットです

minneの作家さんから
とっても可愛らしい浴衣が届きました。

うんうん、よく似合ってる

IMG_5469s.jpg


なんだかもう、
座敷わらしみたいにかわいい
(えっ?表現がおかしい??)


IMG_5503s.jpg


いよいよ夏本番。

暑さ厳しき折、
わんちゃんはもちろんのこと、

ご家族の皆さまも
どうぞお体を大切にお過ごし下さいネ



「ザ・にっぽんの心でちゅ
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら


鼻水玉

お昼寝中のリリを
何気なく見てみると・・・

IMG_5274s.jpg


何やらお鼻の下に光るものが。

IMG_5288s.jpg


鼻水玉(ママ命名)ではありませんか。

ずっとクーラーをつけているし
風邪でもひいちゃったのかしら・・・

と、一瞬心配になったけれど
やっぱりただの生理現象でした。

IMG_5275s.jpg


それにしても
いつ見ても、立派な黒豆ですこと。



「食べ物ではありません(怒)」
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら


アスタキサンチン、その後

以前の記事の続きとなります


リリがアスタキサンチンを
摂り始めてから
1か月以上が経過しました。

今、飲んでいるアスタメイト®は
体重5kg以下のコなら
1日2錠が目安。

リリはまだ若いので
朝のみ1錠から開始してみました。
(フリー体換算値で0.5mg含有)

摂取するにあたって
ただひとつ心配していたこと。

アスタキサンチンは脂溶性のため
錠剤には微量のビタミンE含有植物油が
添加してあります。

その割合は、粗脂肪:8.4%
1錠(250mg)あたり21mg

膵炎持ちのリリには
余分な脂肪分の摂取は気を付けたいのですが、

この程度の量なら
問題がないようでひと安心。
今のところ全く異常はありません。

    *****

さて、気になるリリの変化。
目に見えて色んな効果が現れました。

最大の変化は2点あります。

・臭いが減った
・皮膚が強くなった

不思議なことに
体のあちこちの臭いが
大幅に減少しました。

目の周りのイヤな臭いが
あまり気にならなくなり、
お手入れ回数が減りました。

目ヤニの量は変わりません。
(リリは半透明~灰色がかった
目ヤニが少しだけ出ます)


口臭もマシになりました。
と同時に、
口腔内の粘り気も減少しました。
(以前は食器がネバネバしていたのですが)

そして何より、
うん○さんの臭いが変わりました。

今までは、思わずウッとなるような臭い。
でも今は、鼻にとてもやさしいです。

ママの鼻がイカれてしまったのかと
思っていたら、そうではないようです。

IMG_5593s.jpg


それからもう一つの
特筆すべき変化。

リリは少々皮膚が弱く
特に尿道口周りに
膿皮症の前段階の炎症を
よく起こしていました。
(ひどくなると化膿後、かさぶた化)

飲み始めてから、すっと赤みが引き、
今のところ、全く出来なくなりました。

    *****

ところで、
アスタキサンチンの吸収率は
わずか10%程度とのこと。

でも実は、腸管内に残った方も
決して無駄ではないようです。

活性酸素による腸管粘膜の障害を防ぎ、
腸管バリアを正常化してくれます。

ということは、
老廃物や過酸化脂質などの
生体にとって良くないものが
うまく排泄される…ということです。

さらに、
腸管粘膜の老化を防ぐことで
善玉菌が住みつきやすいような
居住環境を整える働きも担っています。

今まで、整腸剤を毎日続けて
善玉菌を増やしてきたリリ。

アスタキサンチンとの相乗効果で
とっても良いうん○さんが出ています。
(色は、ほんのり鮭色に変わります)

IMG_5590s


抗酸化作用を持つ成分は
山ほどありますが、

ピラミッドの頂点に位置する
アスタキサンチンは、

ずば抜けて酸化効率が
いいのではないか、と思われます。
他の成分とは一線を画している印象です。

万能薬ではないけれど、
少しでも老化のスピードが
緩やかになればうれしいです。

ずっとずっと、
リリと一緒にいたいから。。

(ママのその後の変化は最下部の追記に記録していまーす)



「リリ、長生き出来たらいいでちゅね
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ


過去記事一覧はこちら
[アスタキサンチン、その後]の続きを読む
Designed by aykm.